「弦楽器」の記事

 葉加瀬太郎さんのツィゴイネルワイゼン!!

2017/07/05                    

No image

現在活躍中の葉加瀬太郎さんは、クラシックフアンからポピユラーフアンまで、沢山の方たちによく知られていますね・・・今日UPしました ツゴイネルワイゼンは、世界の名だたる演奏家たちが、演奏していますが、彼の繊細で情熱的な演奏に心奪われました。。。日本人としての演奏!? お楽しみください。...

五島龍のチゴイネルワイゼンとレジェンデ!!

2017/02/14                    

No image

五島みどりさんの弟、五島龍さんの演奏をUPさせていただきました。。。チゴイネルワイゼンは、スペインの作曲家 サラサーテの作品ですが、『ジプシーの旋律』という意味です。 いくつかのハンガリー民謡、大衆音楽の旋律を組み合わせて作曲されたと言われています。 原曲はヴアイオリンと管弦楽で演奏するものですが、現代はヴアイオリンとピアノ演奏が多いですね。 龍さんもピアノ と 演奏しています。。。 因みにサラサー...

バロックの大家:ヴイヴァルディー 四季

2017/01/23                    

No image

ヴイヴァルデイー ヴァイオリン協奏曲1~4 四季 全曲をUPしました。秋の中間奏が、やや音量が小さいですが、良い録音です。。。またヴィバルディ自身がこれらの曲に名前をつけたのではないようです。・・・   一般的にはヴィバルディーの春などとよばれていますが・・・Summer 10:31ヴィヴァルディー四季より  それぞれ3つの楽章からなっている  夏のソネット/作者は不明・・・1かんかんと照りつける太陽の絶え間ない...

"和声と創意への試み" ヴィヴァルデイ

2017/01/08                    

No image

新しい年のはじめに 太陽の燦々とふりそそぐイタリアの風土を見事に音楽で表現した ヴィヴァルデイのヴァイオリン協奏曲 第一集から 第一番 春 を お届けいたします。。。音楽も文学や絵画と肩を並べて、それらが作られた時の時代背景や思想から大きく影響を受けますが、ヴィヴァルデイが活躍なさった時代は、西洋音楽史上では バロック時代になります。・・・・(バロックとは”いびつな真珠)という意味ですが、この時代は...

五嶋みどりの世界

2016/06/19                    

No image

五嶋みどりさんの ミドリ教育財団設立の由来からその活動の流れのすばらしさに深く心を揺さぶられました。音楽はともかくその生き方のすばらしさを心に留めておきたいと思います。。音楽を子ども達に語る時に、時間や場所を超えて 音楽は共通言語であることを身をもって示めされています。チャイコフスキーのヴアイオリンコンチェルトは、オーケストラが少し幼いですが、みどりさんの演奏の素晴らしさをUPしておこうと決めました...

Bachの無伴奏ヴアイオリンのためのソナタとパルティータ:五島みどり

2016/05/27                    

No image

世界的ヴアイオリニスト五島みどりさんがデビユー30周年の全国ツアーの記録を残しています。わたしはこれを見逃がしてしまつていました。。。曲目がBachの無伴奏ヴアイオリンのためのソナタとパルティータ!!だけに探していました。  ヴアイオリン音楽の原点ともいえるものです。   彼女の人となりが伺えて記念すべき内容です。『Bachは一生かけても学びきれない』と語られている言葉は、どこまでも謙虚なみどりさんの忘れられ...

ヴアイオリニスト オイストラッフ

2016/04/14                    

No image

三寒四温という言葉は、もう過去のものになるのでしょうか?肌寒い日が多いようです。私たちの国日本の四季は変わってしまうのでしょうか? 繊細な移り変わりが魅力のわたしたちの国の風土!!  失われるのはとてもさびしい・・・ 19世紀に ドイツの作曲家ベートーヴェンが、スプリングソナタ春 という愛称で親しまれているヴァイオリン曲を、書いてくださいました。  暖かく幸せ感が いっぱい詰まったような作品です。20世紀...