ガーシュインの ラプソデイーインブルー


ポピュラー音楽とクラシック音楽の両面で活躍したアメリカの作曲家 ジヨージ・ガーシュインは
1937年38才の若さで亡くなってしまいましたが、
1924年作のこのラプソデイーインブルーは、ジャズと クラシックを融合させたシンフォニックジャズの代表として世界的に高く評価されています。。。

楽器の音色にも意識を働かせて聴いていくと楽しいですね。構成もバッチリ!! ステキな作品です。

今日は小澤征爾さん指揮 マーカス・ロバーツ・トリオのピアノ とトリオ 

バーンスタイン指揮&ピアノで聞き比べてみましょう・・・

テンポとアドリブ(即興の部分)によって印象がずい分変わりますね!!

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

moon

Author:moon
音楽は不思議な生きものです。それが流れていく時 心に何かが感じられます。そこに自分を見出します。わたしは長いことクラシック音楽を専門にしてきました。演奏も沢山しました。。。

音楽を通して沢山の生徒さんたちとも拘わらせていただきました。 


今はYou tubeなどに 忘備録のように往年の名演奏家の演奏がUPされています。現代の演奏家の素晴らしい演奏もUPされています。

ここに自分のチョイスしたものを残したくなりました。


時と共に生きるために・・・・・ 自分の成長の記録のように綴っていきたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
大切な人へのプレゼントに!ただ一つの石☆ビズー店の宝石   
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア