モンティベルディーの挑戦 音楽史から伝わる様式の変遷


パレストリーナ、モンティベルデイー、ヴイヴァバルデイー。 歴史てきには3人共イタリア、ルネサンスとバロックを代表する偉大な作曲家です。イタリアから出た! しかし大きな流れから視ますとヨーロッパ音楽の礎を築いた作曲家です。

実は"いびつな真珠"という言葉は、今日ご紹介するモンテイベルデイーの最も古いオペラ「オルフエオ」に付けられたという学者もいるほどです。。。

先にご紹介したパレストリーナの平穏な精緻な作風からは、想像できないほどの斬新さで モンテイベルデイーは言葉を重要視しオペラを作りました。 ルネサンスの人間復興は、音楽ではこのような形で展開されていきます。。

近代現代のオペラからは、古臭く映りますが、こういう作品から後世の作曲家はエッセンスを得て自作に取り入れ、よりその時代にふさわしく作品化しています。

少し乱暴な言い方かもしれません。が、歌はイタリアから、器楽は、ドイツから、バレーはフランスからは、理由なくいわれている言葉ではありません。。。こんな流れの中から器楽曲は頭を持ち上げていきます。西洋の音楽は神聖な祈りから メロデイーに 多声音楽に そして器楽曲に発展していったのです。

では最初のオペラと云われているモンテイベルデイーの『オルフエオ』を あらすじを見ながらお楽しみください。



1 2010/10/03 にアップロード
Claudio Monteverdi - L'Orfeo: Act 1 Prologue "Dal mi permesso", conducted by Jordi Savall (Gran Teatre del Liceu, Barcelona, Spain) スペインのもの


2 Monteverdi "L'Orfeo" - Zurich 1978 (Harnoncourt, Ponnelle) スイスのもの

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

moon

Author:moon
音楽は不思議な生きものです。それが流れていく時 心に何かが感じられます。そこに自分を見出します。わたしは長いことクラシック音楽を専門にしてきました。演奏も沢山しました。。。

音楽を通して沢山の生徒さんたちとも拘わらせていただきました。 


今はYou tubeなどに 忘備録のように往年の名演奏家の演奏がUPされています。現代の演奏家の素晴らしい演奏もUPされています。

ここに自分のチョイスしたものを残したくなりました。


時と共に生きるために・・・・・ 自分の成長の記録のように綴っていきたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
大切な人へのプレゼントに!ただ一つの石☆ビズー店の宝石   
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア