パッヘルベルのカノン


幼いころ同じ旋律を追いかけて グループで楽しく歌っていた記憶があります。そう輪唱です。。。

輪唱のもう少し高度なものがカノンてす。  カノンは複数の声部が同じ旋律を追いかけていく・・・ただし異なる時点から演奏し出すのです。  パッヘルベルのカノンは3つの声部が全く同じ旋律を追奏、それに伴奏がつけられています。

輪唱もカノンもフーガも多旋律音楽のジャンルに位置していますが、カノンが親しまれるのは主題以外の旋律に自由が許されているフーガと異なり 同じ旋律を演奏するという解り易さでしょうか?

ここに載せているのは、John WilliamsとBoston Pops Orchestraの演奏です。明晰なステキな演奏!だな~と感じました。

またもう一つ解り易いオーケストラ演奏もUPしておきます。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moon

Author:moon
音楽は不思議な生きものです。それが流れていく時 心に何かが感じられます。そこに自分を見出します。わたしは長いことクラシック音楽を専門にしてきました。演奏も沢山しました。。。

音楽を通して沢山の生徒さんたちとも拘わらせていただきました。 


今はYou tubeなどに 忘備録のように往年の名演奏家の演奏がUPされています。現代の演奏家の素晴らしい演奏もUPされています。

ここに自分のチョイスしたものを残したくなりました。


時と共に生きるために・・・・・ 自分の成長の記録のように綴っていきたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
大切な人へのプレゼントに!ただ一つの石☆ビズー店の宝石   
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる