Article

        

小澤征爾 バレンボイムさん の 美しき青きドナウ

2016/ 10/ 13
                 

ニユーイヤーコンサートでおなじみの ウイン ・フイル(管弦楽団)の 美しく青きドナウは、その美しいメロデイーによって多くの人びとに愛されています。 管と弦が織りなす音の響きは、3拍子(ワルツ)のリズムに乗って流れるようです。


ここに2人の指揮者の創り上げた 青きドナウ を ブログに留めておきたくなりました。
ダニエル バレンボイルさん と 小澤征爾さんのものです。


その音楽のまとめ方は それぞれのもの!! 微妙に異なる様相を聴き取って、心豊かに幸せを頂きました。

            







スポンサーサイト

            
                                  

コメント

聴き比べ
こんばんは~
小澤征爾さんとダニエルさんの画面上での指揮の違いは素手か指揮棒かの違いが見てとれますね。
聴いた上での違いは小澤征爾さんの方は演奏者達の息づかいを感じましたが気の所為でしょうか?
聞き比べるのも面白いですネ。v-221
Re: 聴き比べ
> こんばんは~
> 小澤征爾さんとダニエルさんの画面上での指揮の違いは素手か指揮棒かの違いが見てとれますね。
> 聴いた上での違いは小澤征爾さんの方は演奏者達の息づかいを感じましたが気の所為でしょうか?
> 聞き比べるのも面白いですネ。v-221

道楽さん、コメントありがとうございました。
お目が高いですね。どちらも素晴らしい指揮者ですが、ひとことで言ってしまいますと、
バレンボイムさんはウイーンの伝統的な解釈でした。踊るよう・・・
小澤さんの方は、音楽として形創っていますね。演奏者がどう音に?をイメージして参加できます。