Article

        

Amy Turk,の Harp

2017/ 05/ 06
                 

J.S. Bach - Toccata and Fugue in D Minor BWV 565 // Amy Turk, Harp

数多いヨハン・セバスチァンバッハのオルガン曲の中で、人気の高い作品をパープに編曲し

Amy Turkさんが、見事に演奏しています。この作品は管弦楽版もあるほど愛聴されています。。。


フーガの部分で楽想が絡み合う重厚なものでなく 強弱をつけながら重なり合うという簡素なものであるとは、専門家の言葉ですが、ハープでも演奏できるとこのように公表なさったのでしょう・・・  とても美しいですね。
            



スポンサーサイト

            
                                  

コメント

ハープによるトッカータとフーガ
こんにちは~
凄いですね、ハープでこれだけの演奏を聴いたのは初めてです。
いつものパイプオルガン演奏によるトッカータとフーガニ短調とは又違った緊張感がありますね。
奏者の気迫が伝わって来ます。
これだけの曲の譜面も暗譜され、聴く側も引き込まれます。
でもこれだけの時間、強く弦を弾かれると私なら指が腫れてしまいそう・・・笑
Thank you ! e-463
No title
道楽さん、コメントありがとうございました。50年以上経った作品は、どう使っても良いとはいえ やはり傑作は余り崩して欲しくないですよね・・・BACHさんもこのような編曲を微笑んで聴いておられる?
と 思ってUPしました。精緻な分析と卓越した演奏に心動かされました・・・