グールドとメニューインの奏でるBach。

20世紀を代表するような カナダ出身のグレン・グールドと アメリカ出身のユダヤ人(後イギリスに帰化した)ユーディー・メニユーインが、対位法の大家Bachの作品を見事に共演しています。。。


Bachの作品は曲全体の構成が重んじられ、整然としたリズムとそれぞれに独立した旋律が、各声部で生かされた調和のとれたものが多いですが、ロマン派やそれ以降の作品のような、ダイナミズムを重視する 華々しさはありません。


しかしこの共演は、お互いの音楽の独立性を重んじつつ、とても美しい空間を創り出しています。 歴史に残るような演奏ですね。
Glenn Gould-Yehudi Menuhin-J.S. Bach-Violin Sonata No.4 (HD)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moon

Author:moon
音楽は不思議な生きものです。それが流れていく時 心に何かが感じられます。そこに自分を見出します。わたしは長いことクラシック音楽を専門にしてきました。演奏も沢山しました。。。

音楽を通して沢山の生徒さんたちとも拘わらせていただきました。 


今はYou tubeなどに 忘備録のように往年の名演奏家の演奏がUPされています。現代の演奏家の素晴らしい演奏もUPされています。

ここに自分のチョイスしたものを残したくなりました。


時と共に生きるために・・・・・ 自分の成長の記録のように綴っていきたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
大切な人へのプレゼントに!ただ一つの石☆ビズー店の宝石   
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア