Article

        

グールドとメニューインの奏でるBach。

2016/ 04/ 29
                 
20世紀を代表するような カナダ出身のグレン・グールドと アメリカ出身のユダヤ人(後イギリスに帰化した)ユーディー・メニユーインが、対位法の大家Bachの作品を見事に共演しています。。。


Bachの作品は曲全体の構成が重んじられ、整然としたリズムとそれぞれに独立した旋律が、各声部で生かされた調和のとれたものが多いですが、ロマン派やそれ以降の作品のような、ダイナミズムを重視する 華々しさはありません。


しかしこの共演は、お互いの音楽の独立性を重んじつつ、とても美しい空間を創り出しています。 歴史に残るような演奏ですね。
            

Glenn Gould-Yehudi Menuhin-J.S. Bach-Violin Sonata No.4 (HD)


スポンサーサイト

            
                                  

コメント