「ピアノ曲」の記事

仲道郁代 * Chopin英雄ポロネーズ

2016/05/19                    

No image

仲道郁代さんがChopinの英雄ポロネーズを上品で華麗に演奏しています。こんなに気品のある演奏は久しく聴いておりません。是非残しておきたいと思いました。演奏と共に簡単な言葉のエスコートが、音楽全体を捉えるのに解り易いですね。。。画像が少し小さいようです。画面上の【HD】の文字列をクリックするとYoy tubeの見やすい画面に飛べます。。。...

知ってるよっ 別れの曲。

2016/04/15                    

No image

神さまへの祈りの言葉から 言葉のその抑揚を感じその抑揚が メロディーになった!! ヨーロッパ音楽のスタートはこんなに自然なものでした。だから歌から音楽は生まれました。・・・ ヨーロッパの教会は石造りでしょう?・・・歌うととっても良く響くのです。言葉で祈るより歌う方がもっと祈れる、そして美しいことも解っていったのでしょう。。別れの曲は ロマン派の音楽らしいメロデイー重視の覚えやすい作品。  メロデイーを...

小学4年生が挑んだ リストのラ・カンパネッラ

2016/04/10                    

No image

ピアノの発表会は色々な処で 季節を問わず開かれています。時々『はっ』とするような 美しい演奏に出会います。。。  ここに掲載する動画はまだ手が小さい小学4年生のラ・カンパネッラです。きっと彼の先生はテンポを落として弾くことを、ご指導なさったのでしょう!!小さい手ながら このように素晴らしくリストさんの作品が翻訳されました。。。映像ともども愛すべき演奏です。  お楽しみください。...

リストのラ・カンパネラ。

2016/04/10                    

No image

現代の 盲目の世界的ピアニスト辻井信行さん。 彼の名演奏は、いろいろ 動画にも UPされています。  ラ・カンパネッラ(鐘)は、たくさんのピアニストが演奏していますが、繊細で風のようなこの演奏は、彼の鐘の音のイメージとして創り上げられています。  優しいさわやかさが心に深く残りました。忘れがたい贈り物として残しておきたいとおもいました。...

楽譜というメッセージ。

2016/04/09                    

No image

長い西洋音楽の歴史の中で ドビユッシーは印象派に位置しています。フランス人らしい繊細なイメージで色々な光景を音楽で伝えています。  理解してしまうと解り易い西洋の楽譜は、全世界の人びとに受け入れられ愛されていますが・・・・・『楽譜って難しいな~』と感じてしまう時、音と一緒に目で追いかけてみると 『あっ 今 ここのメロデイーだなっ』『この和音はこんな風に書かれているのだなっ』と解るようになります。。...